2016-08-06

パンチ・ブラザーズ live at BlueNote 東京

ジェイソンって来日してるの? と友人から電話があった。
わたしたちの友だちのジェイソンは元フィッシュのパブリッシャー。彼にはホント、お世話になった。毎日は「窮屈なのはあたりまえ」ということ思い出させてくれたフィッシュ。ロックンロールに夢中だったころのようにワクワクさせてくれた彼らのライヴを観るためのサポートをしてくれていたのがジェイソンだった。
彼は今、今月はじめに来日していたパンチ・ブラザーズのマネジャー。でも今回はその公演に同行していなかった。そんなことはパンチ・ブラザーズのショウには関係ないけどね。わたしはクリス・シーリーも以前のバンド、ニッケル・クリーク時代にときどきは窮屈な思いをしていたんだろうなぁ、もしかすると今も同じ? と考えながら息の詰まるようなブルーノート東京で35歳になった彼を観ていた。
3日間で6回の短いショウ。マイク1本のオールド・ブルーグラス・スタイルなのにステージに奥行きがない。会場後方にいる音楽業界の人たちはセットリストやオーダーが毎回異なることで興奮している(スイマセン。途中まではセットリストをメモしていたのですが……くじけました)。
まぁ、窮屈なのはあたりまえ、か。
ちなみにブルーノート東京近くにあるビリケンギャラリーで開催されている「はちみつぱいトリビュート展 / 私のセンチメンタル通り」は8月末まで延期されたそうです。
(パンチ・ブラザーズには音楽業界の先生たちがたくさん来られていましたが、ビリケンギャラリーには立寄られたのかなぁ?)